TOP>生徒の声>経験者
3Dキャラクターアーティスト・スカルプター 重山孝雄さん
今回は経験者クラスと言う事で前回と違ってデザインに制限が特になく自由だった為、
体も作ってみたいと言う昔からの憧れもあって
自分の中で知識としてあやふやだったところをあえてデザインに盛り込んで挑戦してみましたが、
構造がどうなっているかわからなくて立体としてどう作ったら良いのか迷ってしまい順調に進行できなかったので、
ホントに自分の知識があやふやだった事とCGで作る時は適当にごまかしてたなと再認識する結果となり、
今後勉強する事が色々と明確になったので収穫はあったなと思います。
今後、もっと彫刻スキルも向上して自分なりに納得できる物を作りたいです。
モデリングアーティスト 増田潤さん
今回でセミナーへの参加は二回目の増田です。 二回目は経験者限定という事もあり、
参加者の方々は皆さん質の高い作品を作っていました。
そうした中でとても驚いた事は、 前回参加されていた方の何名かの方々が 凄く進歩していた事でした。
そのうちの一人の生徒さん曰く、 前回のセミナーでの片桐さんのアドバイスを聞いてから、
物の見方が変わった、 写真や彫刻をみる時に立体を意識して見るようになった、 との事でした。
その言葉通り素晴らしい結果を残していました。
自分が今回、前回と比較して そこまで進歩出来たかどうかは分かりませんが、
先生に教えていただいた事を 今後に生かして行きたいと思います。
最後に、片桐さんセミナースタッフの方々、 ありがとうございました。
デザイナー 趙 暁日斤さん
二回目のセミナーもあっという間に終わりました。
今回はもっとハードル高い全身の彫刻をチャレンジして見ましたが、大変でした。
情報量が増えることによって、あらゆるどころから気をつけないとすぐバランスが崩し、
何回もプロポーションを修正している間、なんとかそれっぽいものが段々形になってきました。
前回のセミナー後、もっとディテールをやりたいと比べて、今回全身をやってみて、
ベースの形状の大事さをはっきりと認識ができました。
先生が教えてくれた「バランス、流れ、リズム」という造形の三原則をこれから身に浸透して、
今の自分よりさらにいいものづくりをできるように頑張りたいと思っております。
短い三日間ですが、大変貴重な経験ができて、ありがとうございました。
それに、メールでのフィードバックのご対応も感謝致します。 次の再会も楽しみにしています。
コンセプトアーティスト 大屋和博さん
今回のセミナーでは多くの方が事前に制作を行われており、
初日から素晴らしい作品に囲まれてのスタートとなり、大変刺激的なセミナーとなりました。
また前回のセミナーでは到達出来なかった部分や、
拘れなかった点まで集中して作業ができ、より深い部分まで学ぶ事が出来ました。
自分に不足している物の見方や、癖等をご指摘頂き、改めて気付かされる事も多く、反省すべき点も多数発見出来ました。
また先生のデモンストレーションでは即興で素晴らしい作品の制作工程を拝見させて頂き、
改めて集中することの意味と目的を持った仕事の重要性に気付かされました。
今回のセミナーで学んだことを活かして今後も制作や仕事に励んで参りたいと思います。
ありがとうございました。
人形師 栗山秀夫さん
今回は二つの目標を設定して臨みました。
①自身の仕事に対する象徴的キャラクターの創造 ②プロポーション、流れ、リズムの検証
①に対して、自身アナログな造形をしているので手作業の心意気と造形の未熟さを“彫刻するサル” で表現。
自身、創作の軸にちょっとしたユーモアと笑顔の創造 を心がけて仕事をしています!
あるメンバーから『微笑ましい作品作りますね〜』と 言葉を頂き、少しは伝わっているのだな〜と励みをいただきました。
②については、全身彫刻でしたので、事前に核になる形を作る事により、
どの程度プロポーション等を理解しているのか先生のファーストチェックで確認出来る様にしました。  
大きな修正が無かったので、最低限の形を作れたと再確認が出来て一安心でした。
ホッとしたのもつかの間、難問が立ちはだかりました!
サルの表情です。しまった。。。 顔は当たりしか付けていなかったからです。
先生にヒントを貰いながら手探りを繰り返し口元のみで、一日半費やし、ようやく生物としての生命力が出てきました。あ”〜〜〜〜〜
次にズボンのしわに取り掛かりました。またまた壁が! しわが見えてこない、先生の一言(天使の囁き)
“大きなしわの流れのみ活かす!” その一言により、なんとかしわが見えて来た。 二日目終了 ふぅ〜
最終日前半までズボンと格闘。。。
見切りをつけて バタバタと手と毛の彫刻に取り掛かりタイムアップ!! 未完のまま終了してしまった。 
うぉ〜〜〜〜〜〜〜〜 今回も小さな事ですが、沢山の “気付き” を受け取りました。
造形に対してリアルに役立つアドバイスばかりでした!
又、新しい出会いも有り実りの多いセミナーとなりました。
片桐彫刻セミナーは 純粋にクリエイティブな気持ちに 戻してくれる、
大切な場(サロン)だと感じています! 先生ならびにスタッフの皆様 本当にありがとうございました。
ページの先頭へ
トイメーカー勤務 月山寛輝さん
今回は事前にデザインを決めるまでに苦戦しました。
1日目セミナーが始まっても迷走は続き、一向に進まない。
なかなか気に入った形にならず、一旦これでいこうと 決めたデザインすら疑いだす始末・・・。
2日目 3月の時のセミナーのメモを見返してみて、ある文章に目が留まる。
気が付くと最近間近で観る機会があったハリウッドの一流アーティストの作品と
自分の作品を見比べて撃沈していた自分がいました。 何をやってるんだろう。
自分はまだ初心者だったということを冷静に思いだし、 比べても仕方がない、
素直に今の自分にできることをやろうという気持ちになれました。
そこからは力が抜けて、手が自然に進みました。
3日目 前回できなかったディーティールに少しだけ挑戦してみました。
片桐さんの手さばきを真似して試してみるが、 形だけでは当然うまくいかない。
彫刻の道はやはり奥深い。
しかしながら、一歩ずつでも自分のイメージを具体化していく 作業は非常にエキサイティングなものでした。
作品にはまだまだ不満はありますが、 セミナーが終わるころには、ひとまず自分で気に入るものにはなりました。
ようやく自分の作ろうとしたキャラクターと向き合えた気がします。
最後に、僕ら生徒達の無茶振りの極みのリクエスト 「女ドラゴンゾンビ」に本気モードで挑戦して下さった片桐さんに感謝。
もはやデモとは呼べない緊迫感のある彫刻を、今回目の当りにできたのは 最高に刺激的でした。
フリー CGアーテスト 森田悠揮さん
今回彫刻セミナーに参加するのは2回目ということで、
前回よりはるかに先生の言葉ひとつひとつがより具体性を帯び、はっきりと理解、実践することができたとおもいます。
前回のセミナーを受けて以来、立体の見方や捉え方が変わっただけでなく、
なぜこの構造になっているかといったような”理にかなっている造形”を意識することができるようになりました。
もちろんまだまだ気づきを得れていないこともたくさんありますが、
観察を意識化する一連の手順というものを体感できたことは非常に大きな一歩だったと思います。
技術をみにつける、見る目を養う、という本当の意味を理解できました。
今回のセミナーでも先生に造形に関してたくさんご指摘していただきましたが、
これらの指摘を元に今後の制作の中で僕自身の目を養うためにたくさん考え、たくさん実践していきます。
具体的な課題としては、単調なリズムや平面的造形、
解剖学知識の不足をご指摘していただきましたが、
次回のセミナーまでには必ず次のステージへと上がれるようこれらの課題を克服します。
これからの自分の成長がまた楽しみになりました。
 
エフェクトアーティスト 三上秀俊さん
今回の経験者クラスでは二つのテーマを持って受講しました。
一つ目は、前回学んだことを活かし、より良い物が作ること。
二つ目は、技術的な部分ではなく、作品を見た人が「面白い」「良い作品!」だと感じるものを作ることでした。
結果的に両方を満たすことが出来たことには、満足しています。
また、今後に向けて課題が見えたことも収穫です。
制作中に「今、何が足りないか」ということをこれまで以上に考えるようになりました。
片桐さんから頂くアドバイスは、どれも私にダイレクトに響き、分かり易かったのが印象的です。
今回で2度受講したことになるのですが、少しずつ、確実に変化があること。自信がついてきていることを実感しています。
次回受講する時にはさらに良いものを作れるように、これからも精進したいと思います。
最後になりますが、片桐さん始め、セミナーに参加された皆様のおかげで大変楽しいものになりました。感謝しています。
モデラー 近藤洋さん
3月のセミナーから約8ヶ月、今回のセミナーでは前回で得た教訓と8ヶ月の間に自分なりに勉強してきた成果を出す為、
前回と似た胸像にチャレンジしました。
普段絵を描くときにもバランス、流れ、リズムを意識し、デザインラフは前回より良くなったと思います。
実際片桐先生にも褒めていただき、とても嬉しかったです。

セミナーが始まった一日目、粘土の扱いは前回からの経験から多少慣れてることもあり、前回よりはスムーズに大まかな形を取れました。
ただ、完成形のイメージが立体で描けていない為バランスを取るのが難航し何度か指導を貰いました。
その後は最初は苦戦したものの、全体のある程度の構成は初日にとれ、
自分では好感触で今回はバッチリ仕上げまでできるかもしれないと思いました。

そして2日目からは大まかな形をとりはじめましたが、ここからかなり難航し、自分にとって今後の課題となる物が見えました。
大きな形をとる段階で面をとることができてなく、物と物との関係性を理解できていませんでした。
そのせいで立体的で説得力のある面のとり方ができず、何度修正しても不自然なものになっていました。
何度か片桐先生にはヒントやアドバイスを貰っていたのですが、何故できないんだろうっという所に気付くのには三日目までかかりました。

周りとの関係性を考えていないから面が単調でリズムも不自然、メリハリがないのも当然でした。
絵では自然にできているように見えていたものが彫刻になると嫌でも形となって出てくるし、そこをごまかす事はできません。
そういう部分に気付かされるのはとても恥ずかしく悔しさも感じますが、自分が何より彫刻セミナーを受けていて楽しいと思える瞬間です。
自分の固まったイメージがリセットされるのは社会人となった年齢からは貴重で中々そういう経験をすることも減ってきています。
三日目の終盤からは物と物との関連性に注意し、面を意識しながら常に考えて作業をしました。
それでも面が取れていなかったり、1箇所だけにあまり集中しすぎるとその他の部分が疎かになっていたりと苦戦をしていました。
感想を書いていて思い返すと片桐さんが龍の彫刻を実演していた際に言っていた
一つ手を加えるごとに色んな角度から離れて見るという事ができていなかったんだなと思います。
セミナーが終わってからもあの時言っていた意図はこれなんだ!っと思う事が多く、
とても色んな事を教えてくれていたんだと実感しています。

三日間で彫刻は前よりは手を入れることはできたかもしれませんが、まだまだ全然で改めて色々な力不足を感じました。
力不足で何を言っているんだと思われそうですがデザイン的にも作りやすい物を選んでしまったのも今となっては少し後悔しています。
複雑でも自分の好きなデザインで意欲的な姿勢で挑めばよかったなと、
他の受講生の皆さんと三日間を過ごして刺激を受けました。
今回も片桐先生だけではなく、同じセミナーを受けた人たちからも得るものが沢山あり、とても幸せな時間でした。
今回のセミナーで得た経験を生かし、これからの自分の創作に反映させ続けたいと思います。
片桐先生今回も本当にありがとうございました。
モデラー 山崎紳助さん
二回目のセミナー参加で、 前回の胸像より少し範囲を広げて、
上半身の筋肉と外骨格で覆われた頭部を持ったデザインにして挑戦したのは良かったのですが、
デジタル彫刻でいつも何と無く作っていた筋肉を作るのに大半を費やしてしまい、上手く作業を進めることができませんでした。
片桐さんに何度もアドバイスを頂きながら
最終日にやっと上手くいかなかった理由に気づく事が出来ました。
なぜか理由がわかった時嬉しくなって、もっと勉強したいと自然に思えました。
次回のセミナー迄には、克服出来るように頑張ろうと思います!
ネイルアーティスト 増田典子さん
初心者ながら、前回のセミナーが面白すぎたため、また参加…(笑) でしたが。 やはり今回も!!片桐先生は期待を裏切らないですね。
丁寧にご指導下さる上、ユーモアがあって魅力的なお人柄のおかげで、
またしても、本当に楽しく、リラックスして参加させていただきました。 粘土を触るのは純粋に楽しい!です。
しかし、今回のセミナーでは、単に粘土をいじる・・を超えて、
「彫刻する」という要素にもほんのすこしだけ踏み込めたのかもしれない3日間だったかなと思います。
片桐先生に「前回よりもすごく良くなったね!」と言っていただけたことはもちろん!!
一緒に参加した、いろんな方面でご活躍されている造形のプロの方々に、
昨日よりいいじゃん(笑)など、面白おかしくお声掛けいただいたりしたこともうれしい事のひとつでした。
片桐先生、スタッフの方、前回同じクラスだった仲間との再会、新しい出会い、
そして、前回よりも少しだけレベルアップできたのかもしれない彫刻。
どれをとっても本当に素晴らしかったです。生徒の無茶なリクエストにも笑顔で応じてくださった先生に感動しつつ、
できあがっていく先生のドラゴン彫刻に見とれつつ。いろんな方と話しつつ、笑いつつ。
とても居心地のよい、あっという間の3日間でした。
またあったら、来たいなぁ、、。と思ってしまう不思議なくらい楽しくて元気の出るセミナーですね。
片桐先生、このセミナーでお会いした皆様、校舎を使わせていただきましたJURの皆様、本当にありがとうございました。
CG学生 松本洋明さん
まだまだ自分が造形において、あらゆる事に気付いていない事が分かりました。
普段はCGでモデリングを中心に勉強しているのですが、
やはりアナログにおいて造形というものに触れ、片桐さんにアドバイスして頂く事により、
自分でも気づかなかった悪癖を知ることができ、
更に造形において前回よりも数段基礎の大切さをより実感する事ができました。
このセミナーで学ばせて頂いた事はこれから自分で作品を作っていくにあたって とても重要なものになりました。
ページの先頭へ
美容学校学生 春日井祐貴さん
今回のセミナーは前回より自分考えながらできたと思います。
前回と違う教え方をしてもらって、わからなかったところがみえて自分で考えながら作業ができました。
作品は完成しなかったけど、得れたものがちゃんとあったのでとてもよかったです。
来年からは本格的にやっていくことになると思うので
今回セミナーで得たことを活かせるようにがんばっていきたいと思います。
次回またあればもっといい作品を作れるようにしたいです。 3日間ありがとうございました。
エフェクトデザイナー 高橋篤史さん
前回受講から2ヵ月も経過していませんでしたが、
前回で勉強になるのはすでに身に染みて感じましたので迷わず出席させていただきました。
久しぶりのゼロからの彫刻でしたが、やってみて以前よりは迷わなくなっている事に気づきます。
以前は形状がよく分からないので恐る恐る削っていましたが、
かなり思い切って形状を追うことが出来るようになっており(まだ全然ダメダメなんですがTT)、
顔の筋肉や表情の捉え方等、繰り返し教えていただいた結果だと感じます。
人間の形状は奥が深い・・・ ただ今回も胸像でチャレンジしたものの、首回りは形状的に分かっていない部分が多くかなり苦戦しました。
「知らないものは作れない」、耳が痛いところです・・・
今度機会があればさらに勉強した上で挑戦させていただきます!ありがとうございました!
今回、受講者の皆さんのレベルがとても高く、驚きました。著名な方もいらっしゃり、貴重な情報交換もさせていただけました。
今回も3日間を通して得られたものはとても大きかったと思います。
次回皆さんに会うときにはもう一段成長していられるように精進します!
特殊造形 河野真起子さん   デザイナー 青柳麻美さん


経験者セミナーを受けてみて、1回目とは違って、
すごく楽しめました。
前は生物の彫刻に対して自信もなく苦手意識が強かったことから、
セミナー中、ほんとに辛かったです。笑
でも、片桐さんのセミナーを受けて、彫刻のやり方がわかり、
片桐さんのお話で自分の意識が変わり、
生物の彫刻に対して前向きになれたことから、
楽しんで彫刻をすることが出来るようになりました。
前のセミナーからどれくらい自分が
成長出来ているのかいないのかを知る為にも、
経験者セミナーを受けてよかったなと思います。
半分くらいの方は前に一緒にセミナーを受けた方達だったので、
前回からの成長ぶりを拝見できて、刺激になりました!
次回のセミナーもぜひ受けたいと思います。
そして、それまでにまた今よりレベルアップ出来るように
頑張ります! 本当に今回もありがとうございました!!
今回、2度目のチャレンジで、自分自身の課題としては、
前回より半歩でも成長することでした。
片桐さんにもレベルの低い自分にもお付き合い頂き、
感謝しております。
普段のPCだけの時間とは違う彫刻に没頭できたことが
自分の中で有意義な時間にもなりました。
もっと、流れを理解して、
作れるようになりたい気持ちが強くなりました。
それと今回のセミナーでは模型にも助けられました。
彫刻を作るだけでなく、
普段自分が関われない方とも話せる時間にもなりましたし、
1回目で話せなかった人とも話せる機会ができたので良かったです。
本当にありがとうございました。


  


今回 経験者クラスで2度めの参加させてもらいました。
前回と今回の間に物の見方や考え方はもちろん変わったのですが
自分の良し悪しがちょっと分かったような気がしました。
普段の環境とはちがうスタンスで粘土彫刻をして
素直に楽しめたことを再発見できました。
片桐さんの生徒さん達に接する態度などを見ていたら
物作りの先輩として勉強になりました。
片桐さんやスタッフの皆さんが行動を起こしてくれて
彫刻を勉強する時間を作って頂き感謝しております。
与えてもらったことに甘えず
自分なりの行動や見方考え方を 見直したいとおもいました。
あと普段出逢えないタイプの違ういろんな生徒の皆さん達に
出会え交流できて 良い刺激にもなりました。
皆さんの人柄から出る教室の空気感が心地よかったです。
抽象的な感想になりましたが、
今回は内面的な発見が いっぱいあったと思いました。
ありがとうございました。
今回も本当に刺激や気付きをいっぱいもらえた3日間でした。
造形の仕事をやっていますが、あまり粘土を使う事、
またリアルな物を作る機会がありません。
手先が器用なこともあり、
もちろんいつも100%の努力はしていますが、
なんとなくの知識と技術でやってきました。
だから少しは出来るだろうと
言う変な自信みたいなものがあったのですが、
それは最初のセミナーでスパっと切り落とされました。
なので今回は出来るだけリアルな人間の骨格や筋肉だったり、
基本を学ぼうと思い参加させて頂きました。
他の参加者さんたちの作品を見たり、お話をして、
さらに片桐さんの技術や知識、体験談などを目の当たりにし、
モチベーションが上がりまくりです。
今、私が勤めているところは、
正直、男の子を育てようとしています。
いつも悔しい思いをしているので、他から刺激をもらったり、
モチベーションを上げる事はとても大事です。
今後も、自分の時間で特訓し、また参加したいと思います。


ページの先頭へ
Copyright © 2012 Hiroshi Katagiri chokoku seminar All Rights Reserved.